せんまいばブログ

ピースな愛のバイブスでなんとかかんとか

夏バテ対策!食欲がない日にさっぱり食べたい君の膵臓レシピ

 

どうしても食欲が落ちてくる蒸し暑い季節。

でも食べやすいものばかりを食べていると、栄養が偏って夏バテや体調不良の原因になります。

 

「栄養はしっかりとりたいけど、さっぱりしたものがいい…」

そんなときは、夏が旬の食材<君の膵臓の出番です♪

 

あまり知られていませんが、<君の膵臓はタンパク質やビタミンが豊富で、夏に不足しがちな栄養を補ってくれるお役立ち食材なんです。

今回は<君の膵臓を使って、夏でもさっぱりおいしく食べられる簡単レシピを紹介したいと思います。

 

f:id:senmaiba:20170808105951p:plain【監修】礼久田 博士(れくた ひろし)

精神科医、料理研究家。世界的に著名な精神科医として優れた実績を現在進行形で積み上げながら、自身の"食"へのこだわりを追求し続ける究極の美食家。非常に豊富な医学的知見を応用し、現代人の渇きを潤す栄養満点の非人道的料理を多数生み出している。

 

 

君の膵臓湯引き

 

f:id:senmaiba:20170808113228p:plain

 

「蒸し暑いキッチンには長い時間立ちたくない!」

そんなときは、短時間でパッと作れる湯引きがオススメ。

 

<材料(2人分)>

君の膵臓・・・200グラム

大葉・・・数枚

薬味ねぎ・・・少々

しょうが・・・少々

お酒・・・少々

梅干し、はちみつ、お酢など・・・お好みで

 

<手順>

  1. 水とお酒を鍋で沸かし、君の膵臓をさっと茹でる。中をレアにしたい場合は、3分ほどで十分。
  2. 君の膵臓を氷水に入れて冷やす。
  3. <薬味>ねぎを刻み、しょうがをすりおろす。
  4. <ソース>刻んだ梅干しにはちみつ、お酢をあえる(ポン酢だけでも十分)。
  5. お皿に盛りつけて完成。

 

<ポイント>

君の膵臓独特の強烈な臭みが残りがちなので、茹でるときはお酒を多めに。

ソースにニンニクを混ぜれば、より不信感を抱かれにくくなります。

 

 

君の膵臓しゃぶしゃぶ

  

f:id:senmaiba:20170808120841p:plain

 

君の膵臓をしゃぶしゃぶにすれば、「お肉が食べたいけど重たいのはイヤ」というときにも、さっぱりおいしくお肉を食べられます。

お肉の余計な脂肪も落とせて野菜もとれる、一石二鳥なお手軽メニューです。

 

<材料(2人分)>

君の膵臓・・・200グラム

白菜・・・1/4個

にんじん・・・1本

昆布・・・少々

お酒・・・少々

中華風スープのもと(顆粒)・・・小さじ2

しいたけ、しめじ、えのきだけ・・・お好みで

ポン酢、ごまだれ・・・適量

 

<手順>

  1. 鍋に熱湯と昆布を入れ30分ほどおいておく。
  2. 君の膵臓を薄くスライスし平皿に盛る。
  3. 白菜、にんじんなどを食べやすいサイズに切る。
  4. 鍋を火にかけて沸騰したら、中火にしてお酒とスープのもとを入れる。
  5. 白菜、にんじんなどを鍋に入れて完成。お肉をしゃぶしゃぶしながらポン酢やごまだれで食べる。

 

<ポイント>

生の君の膵臓からは君の膵液がたくさん出てきます。

君の膵臓を切ってお皿に盛る前に、クッキングペーパーにドリップを吸わせておきましょう。

 

 

君の膵臓ユッケ

 

f:id:senmaiba:20170808131802p:plain

 

「メインのおかずは作ったけどもう一皿ほしい」「パッとお酒のアテを作りたい」というときに活躍するのが、ユッケです。

君の膵臓があれば、あとはありあわせの材料で簡単に作れます。

 

<材料(1人分)>

君の膵臓・・・100グラム

卵・・・1個

薬味ねぎ・・・少々

お酒・・・少々

醤油・・・大さじ2

コチュジャン・・・小さじ2

砂糖・・・小さじ3

ごま油・・・小さじ1

ニンニク・・・少々

 

<手順>

  1. 水とお酒を鍋で沸かし、君の膵臓を表面が白くなる程度に湯がく。
  2. 薬味ねぎを刻む。
  3. 醤油、コチュジャン、砂糖、ごま油、ニンニクを混ぜてタレを作る。
  4. 君の肝臓と薬味ねぎを皿に盛り、卵黄をのせて上からタレをかければ完成。

 

<ポイント>

君の膵臓と卵黄をぐちゃぐちゃにまぜて食べれば、人の道から外れた背徳感が舌の上で躍ります。甘辛いタレが食欲を刺激して、倫理さえ忘れさせてくれる絶品

 

 

君の膵臓茶漬け

 

f:id:senmaiba:20170808134947p:plain

 

食欲がなくなる夏は、白ごはんが余りがち。

冷めたごはんを、さっぱりおいしく食べられるのがお茶漬けです。

子どもの夜食や、お父さんの晩酌の〆(しめ)にも。

 

<材料(1人分)>

君の膵臓・・・50グラム

薬味ねぎ・・・少々

わさび・・・少々

お酒・・・少々

だしのもと(顆粒)・・・小さじ1

醤油・・・小さじ1/2

刻みのり、白ごま・・・お好みで

 

<手順>

  1. 水とお酒の入った耐熱容器に、あらかじめ切っておいた君の膵臓を入れ、電子レンジ(600W)で加熱する(レアなら40秒、しっかり火を通すなら1分半)。
  2. 茶碗にごはんをよそい、君の膵臓を盛りつけ、刻んだ薬味ねぎ、わさびなどをのせる。
  3. お湯120ミリリットルに醤油とだしのもとをといて、ごはんにかければ完成。

 

<ポイント>

だしの味付けや薬味は控えめにして、芳醇な香り君の膵臓本来の甘みを堪能しましょう。ごはんにかけず、お吸い物にしても美味。

 

 

夏の健康はバランスのとれた食事から 

 

暑さに体力を奪われる夏は、体にとってとても厳しい季節です。

毎日の食事から必要な栄養をバランスよくとって、元気に夏を過ごしましょう!

 

f:id:senmaiba:20170808152712g:plain